ビネットツール は画像の端を暗くしたり明るくしたりします。これは、写真のアクセントを強調するための非常に古典的な手法です。通常、このエフェクトにより外側が暗くまたは明るくされ、中央は影響を受けません。Luminar Neoは、ビネットの中心点を画像のどこにでも配置できるようにすることで、さらにそれを進化させました。

標準設定

  • 被写体を選択 このボタンをクリックして十字線を有効にし、さらに写真内をクリックすると、そこを中心にビネットを配置できます。これでビネットを補正することにより、ビネットの視覚的な焦点を調整できます。これを使用することで、視線を被写体に誘導する効果を生み出します。
  • 適用量 このスライダーは、写真の端付近の暗さを強調します。スライダーを画像の左側に移動して、エッジにより陰影が付きます。逆にスライダーを右に移動すると、エッジが明るくなります。
  • サイズ このスライダーは、暗い領域のサイズを設定します。スライダーを左に動かすと、暗くなる領域が増えます。スライダーを右に動かすと、暗くなる領域が減ります。

詳細設定

  • クロップ後/クロップ前 このドロップダウンメニューは、クロッピングをする前または後にビネットを適用するかどうかを選択します。
  • 丸み調整 このスライダーは、影になった部分の形状を変更します。
  • フェザー このスライダーは、影の領域間の色の移り変わりの滑らかさを設定します。
  • インナーライト このスライダーは、影の影響を受けない中央の明るさを上げます。これにより、コントラスト効果を作り出すことができます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
Skylum Customer Service

送信