LuminarAIのフォルダー内で画像を整理することは、画像をハードドライブに保持して維持するための優れた方法です。LuminarAI内のフォルダに適用するすべての整理は、ハードドライブ上のフォルダーの整理方法に直接影響し、その逆も同様です。サブフォルダーを作成するか、ハードドライブ上のフォルダーに新しい画像を追加すると、LuminarAIのカタログも自動で更新されます。

フォルダーとは?

LuminarAIで画像のフォルダを追加すると、ハードドライブ上のフォルダ、サブフォルダー、および画像への直接リンクが作成されます。LuminarAIのフォルダーとそのコンテンツの管理は、WindowsのエクスプローラーまたはMacOSのFinder内でこれらのアイテムを直接管理するための拡張機能とみなす必要があります。

フォルダーとアルバムの違いとは?

LuminarAIのフォルダーはハードドライブ上のフォルダに直接リンク(および影響)しているため、LuminarAI内でのフォルダの整理方法には細心の注意を払う必要があります。アルバム機能を使用すると、ハードドライブ上の画像の構造に影響を与えることなく、LuminarAI内で画像を整理できます。アルバムはプレイリストと考えてください。画像をいくつかの異なるアルバムに整理して見つけやすくすることができ、ハードドライブ上の場所に影響を与えることなく簡単に見つけ出すことができます。

マスターフォルダー

カタログにフォルダーを追加する方法は3つあります:

  • カタログパネルにある フォルダー追加 アイコン(フォルダーの右側にある + 記号)をクリックする。
  • 上部のツールバーにある + ボタンをクリックし、 画像入りフォルダを追加… をメニューから選択する。
  • ファイル > 画像付きフォルダーを追加… を開く。

選択したフォルダは、トップレベルのフォルダーとしてフォルダ コレクションに追加されます。そのトップレベルフォルダー内に含まれるすべてのフォルダは、サブフォルダーとしても追加されます。

サブフォルダーの使用

LuminarAIに追加したマスターフォルダー内に既に存在するフォルダーは、サブフォルダーとしてカタログに追加されます。オペレーティングシステム内からマスターフォルダーに新しいフォルダーが追加されると、LuminarAIはその変更を認識し、そのサブフォルダーをLuminarAIのカタログに追加します。LuminarAIにサブフォルダーを追加することもできます。ネストされたフォルダーを使用すると、クライアント、場所、またはイベントごとに画像を簡単に整理できます。

サブフォルダーの作成

LuminarAIカタログで作業する際、整理するために追加のフォルダーを作成する場合があります。LuminarAIカタログの任意のフォルダー内に2つの方法で追加のサブフォルダーをすばやく作成できます。

  • フォルダーを右クリックして、新規 サブフォルダー を選択します
  • カタログ でフォルダーを選択し、メインアプリケーションメニューから ファイル > 新規サブフォルダー を選択します。

「新規フォルダ―」という名前の新しいサブフォルダーが作成されます(名前の変更可)。このサブフォルダーは、マスターフォルダー内のハードドライブにも作成されます。 
また、フォルダーをあるレベルから別のレベルにドラッグし、ネストされたフォルダーを作成できます。それを行う方法は、ライブラリリストで任意のフォルダーを選択するだけです。フォルダーを別のフォルダー上にドラッグしてネストすると、それがサブフォルダーに変換されます。フォルダーは、LuminarAIカタログとハードドライブの両方に再配置されます。

フォルダー名の変更

画像の整理を続けると、フォルダーまたはサブフォルダーの名前を変更する必要が生じる場合があります。画像のステータス(「選択」など)を特定したり、日付や場所で分割したりすることが考えられます。フォルダーの名前を編集する際は注意してください。

LuminarAI内からフォルダーまたはサブフォルダーの名前を変更することを選択した場合、ハードドライブ上でリンクされているフォルダー名が変更されます。LuminarAIの実行中にフォルダーの名前を変更すると、カタログが更新されて新しい名前が反映されます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
Skylum Customer Service

送信