写真の空に感動が欠けている場合は、 スカイAI ツールで簡単に交換できます。このツールは、退屈な空や台無しとなった空に使うために設計されていますが、多くの場合、スライダーを調整することでほとんどの空に対応するように調整できます。スカイAIツールは、人工知能の力を駆使して画像を自動的に分析し、空の境界線を特定し、滑らかに置き換えてリアルな外観を作り上げます。

標準設定

  • 空のセレクション このドロップダウンメニューを使って、サンプルの空のライブラリから選択し、スカイAIツールの使用に慣れましょう。「カスタムスカイフォルダを表示…」メニューオプションを選択して、作成した空をロードできます。スカイAIを使った自分の空の使用については、こちらの記事をご覧ください 。
  • 地平線のブレンディング このスライダーは、現在の地平線と新しい地平線間の移行をスムーズにします。多くの場合、そこにソフトトランジションが存在するため、高い値を適用するとリアルな写真になります。
  • 地平線の位置 LuminarAIは、元の写真の地平線を新しい空の地平線に自動で合わせます。この配置は変更することができ、好みに合わせて画像を上下に移動できます。
  • リライトシーン スカイAIツールは、元の画像の明るさと色が空のそれと一致するように写真全体を調整します。このスライダーは、リライト効果の強さを調整します。
  • スカイグローバル これは、テクスチャがシーンにどのようにミックスされるかに影響します。値を大きくすると、追加される新しい空の量が増えます。

詳細設定

  • ギャップを閉じる このスライダーは、最初の空の置き換え時に埋められなかった細かなディテールと穴を修正します。 画像に木やワイヤーなどの細かいディテールがある場合は、これを調整する必要がある場合があります。
  • スカイローカル このスライダーは、新しい空と元の雲の重なりを制御するのに役立ちます。このスライダーは、元の雲がどの程度置き換えられるかに影響を与えるように設計されています。
  • スカイデフォーカス このスライダーは空の焦点をぼかすので、前景オブジェクトで浅いフォーカスを使用する場合に便利です。
  • スカイの反転 このオプションは、新しい空のテクスチャを反転させて画像の方向を変更します。このオプションは、マッチさせようとしているシーンに写真の影がある場合に便利です。
  • 霞がかかった大気 このスライダを使用して、空にソフトな霞を追加します。霞は、特に空に湿気がある場合や環境汚染物質がある場合に、置き換えた空を元の画像にマッチングさせるのに便利です。
  • 空の温度 このスライダーを使用して、ニーズに合わせて新しい空のテクスチャを温かくしたり冷めたくしたりします。
  • 空の露出 このスライダーは、新しい空のテクスチャの露出を制御し、外観と雰囲気を簡単に変更できます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
Skylum Customer Service

送信