LuminarAIで写真を操作する場合、調整を保存する必要はありません。フラグや編集はすべて、作業中にカタログデータベースに自動的に保存されます。

LuminarAIカタログが編集を保存する方法

個々の画像に対して作業する場合、LuminarAIはその画像の編集内容をすべてカタログに .state ファイルとして保存します。編集を独自の.stateファイル内の単一の画像に保存することにより、1つの画像に問題がある場合、データベース全体が破損することはありません。これらの編集は、作業中に自動的に保存されます。

画像の編集履歴の表示とナビゲート

LuminarAIは、画像に対して実行したすべての編集履歴を保存します。これにより、無制限に元に戻すことができ、以前の編集すべてを辿ることもできます。履歴を表示するには、アプリケーション画面の右下隅にある 履歴 タブをクリックします。LuminarAIを終了して再度開いた場合でも、各画像に対する編集内容はすべて保持されます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
Skylum Customer Service

送信