LuminarAIは、画像に適用された編集とハードドライブまたはネットワーク上の場所の両方を正確に追跡しようとします。ただし、画像が欠落する場合があります。これは通常、いくつかの原因により発生します。

  • 画像を別のフォルダーに移動してLuminarAIが閉じた場合。
  • 画像またはフォルダーの名前を変更してLuminarAIが閉じた場合。
  • Finder/Explorerレベルの画像をLuminarAIライブラリにない別の場所に移動した場合。
  • 使用しているハードディスクまたはメモリーカードを切断または取り除いた場合。
      
    この場合、アプリケーションはソースファイルの保存場所を認識できない場合があります。この場合、写真は 未保存の編集内容 という特別なアルバムに追加されます。  

このアルバムは、画像が失われた場合にのみ表示されます。不足している写真がない限り、表示されません。Luminarには、サムネイル画像と再接続可能な一連の指示がまだ残されています。

未保存の編集内容フォルダー内の画像を再接続する方法

未保存の編集内容アルバムが表示された場合は、すぐに接続を修復する必要があります。

  1. ライブラリパネル内のショートカットメニューで 未保存の編集内容 アルバムを見つけます。
  2. 未保存の編集内容ショートカットをクリックし、不足している画像を表示します。

  1. 目的の画像を 右クリック し、 画像の表示 を選択します。
  2. 新しいナビゲーションウィンドウが開きます。
  3. ファイルが保存されている新しい場所に移動します。

  1. フォルダーを選択 ボタンをクリックし、ファイルを再リンクします。

画像が再接続され、ライブラリに追加されます:

  • 選択したフォルダーがすでにライブラリにある場合 – すべての編集は選択した画像に転送されます。画像は「未保存の編集内容」コレクションから自動的に削除されます。複数の画像が同じフォルダーにある場合、それらの「未保存の編集内容」も解決されます。
  • 選択したフォルダーがライブラリにない場合 – 新しいフォルダがLuminarライブラリに追加され、すべての編集が画像に転送されます。画像は「未保存の編集内容」コレクションから自動的に削除されます。複数の画像が同じフォルダーにある場合、それらの「未保存の編集内容」も解決されます。

基準のマッチング

選択した写真を再接続するために、Luminarは選択した画像の3つのパラメーターチェックします。

  • ソースファイル名
  • ピクセル単位の画像寸法
  • 元の作成日

3つのプロパティがすべて一致する場合、画像は自動的に再接続されます。ただし、画像のサイズと作成日が一致している限り、ファイル名が変更された場合でも再接続できます。これらのプロパティが一致しない場合、 選択されたフォルダーに画像(image_name)が見つかりません という警告が表示され、フォルダーは追加できません。
 
写真が一致すると、次のことが発生します:

  • アルバムの「未保存の編集内容」のすべての写真が見つかった場合、「未保存の編集内容」 リストからアルバムが消えます。 
  • すべての属性が転送され、選択した写真で使用できます。 
  • 「未保存の編集内容」の同じフォルダーから複数の画像があった場合、これらのすべての画像が検索され、ライブラリに追加されます。 
  • RAW + JPEGファイルの場合、これらも再接続されます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
Skylum Customer Service

送信