写真を撮影する場合、被写体の背後の部分をぼかすことが望ましい場合がよくあります。日本語の*ボケ*は、これらの焦点を外した領域に発生するぼかしの美的性質を表すために使われます。従来、この効果を得るためには、高品質のレンズが要求され、しばしばƒ2.0のような絞りを大きく開けた撮影を伴います。

この効果を模倣し、ほとんどのポートレート写真で使用できるように、Luminar<;sup>AIでは、ポートレートボケAIツールを提供しています。使用レンズや照明条件に関係なく、あらゆるポートレート画像で効果を発揮します。

適用量

このスライダーを調整すると、グループ内の人物や特異な位置を含むフレーム内の人物が認識され、背景から分離する初期マスキングが作成されます。次に、このスライダーを操作して、背景のぼかし量を調整します。

ブラシ制御

ほとんどの場合、*適用量*スライダーで作成された初期マスキングは、すぐに使用できます。初期マスキングを調整する場合は、これらのコントロールを使用します。これは、ポートレートの被写体の手に握られたオブジェクトを追加するなど、複雑なマスキングを調整する場合に便利です。

これらのブラシがマスキングを微調整します:

**フォーカス*。マスキングのアクティブ領域を定義するために使用します。選択された画像部分は、フォーカスを維持します。
**ボケ*。背景として領域を識別し、この領域のフォーカスを除去するために使用します。
**復元*。このブラシでペイントすると、ペイントされた領域は自動生成された元のマスキングに戻ります。最初に作成された既定の選択に領域を復元する場合に便利です。

これらのコントロールは、マスキング微調整時に使用するブラシを調整します。

**半径*。ブラシのサイズを調整します。
**ソフト*。ブラシの境界をフェザリングして、効果の柔らかさを調整します。
**透明度*。ブラシの透明度を設定します。

[ ブラシの半径を小さくする
[ ブラシの半径を大きくする
Shift + [ ブラシのソフトさを下げる
Shift + [ ブラシのソフトさを上げる
X 編集時にフォーカスモードとボケモードを切り替え

背景

*背景*コントロールは、ボケや背景のぼかしのクオリティーを調整するのに役立ちます。これらは、あなたの好みに合わせて調整するために必要不可欠なコントロールです。

**明るさ*。背景全体の露出をコントロールします。背景を明るくしたり暗くしたりして、被写体をさらに補正することができます。
**ハイライトグロー*。背景の最も明るい領域の明るさを調整し、柔らかなグローを追加します。
**深度補正*。焦点が合っていない領域が写真のどこから始まるかをコントロールします。このスライダーを左に動かすと、カメラに近づき、右に動かすとカメラから遠ざかります。その結果、ボケ効果がより強く、またはより弱く現れます。
**境界修正*。マスキングのソフト境界を拡大または縮小するために使用します。髪の毛など、マスキングの微細なディテールを調整するのに便利です。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
Skylum Customer Service

送信