ローカルマスキング は、複数の調整をレイヤーさせることを可能にします。画像を精密に調整したい場合や、画像の複数の領域を独立して調整したい場合に便利です。

  1. 単体画像編集モード で編集したい画像を開きます。
  2. 右手のパネルにある ローカルマスキング アイコンをクリックします。
  3. + 追加 ボタンをクリックして、ローカルマスキング調整タイプを選択します。必要に応じて、同じタイプの複数の調整を追加できます。
  4. ドロップダウンメニューにある ペイントマスク放射状マスクグラデーションマスク から選択します。
  5. 適切なモードを選んで、効果を適応または取り除きます。
  6. ペイントマスク を使用する場合、追加のオプションが表示されます。
    • 半径、ソフト、透明度設定を調整します。
    • 通常、半径とソフトはデフォルトの100の値が効果的です。

ベーシック

このローカルマスキング調整により、最も一般的な開発ツールを独立して追加することができます。

  • 暖かさ これで画像の色温度をコントロールします。画像のスタイリングに使用できます。正の値を設定すると画像を暖めることができます。 また、負の値を使用して画像をトーンダウンさせることもできます。
  • 露出 画像の全体的な輝度を調整します。スライダーを左に動かすと画像が暗くなります(露出値が下がります)。スライダを右に動かすと明るくなります(露出値が上がります)。
  • コントラスト 画像のコントラストを調整します。コントラストとは、画像内の物体を他の物体と区別できるようにする輝度や色の違いのことです。実際にはコントラストは、同じ視野内にある他の物体との色や明るさの違いによって決まります。
  • ハイライト 画像の最も明るい部分の明るさを調整します。スライダーを右に動かすと非常に明るい部分が明るくなり、左に動かすと暗くなります。
  • シャドウ 画像の最も明るい部分の明るさを調整します。スライダーを右に動かすと非常に明るい部分が明るくなり、更なるディテールが現れます。左に動かすとそのような部分は暗くなり、通常画像のシャドウエリアの数が増加します。
  • ストラクチャAI 画像の詳細と鮮明さを調整することができます。このツールを使用すると、ディテールを強調したり、ディテールを抑えて滑らかな画像を得ることができます。このツールは、画像のコントラストを高め、画像の詳細を可視化するための主なツールです。
  • 彩度 写真の全ての色の強さを調整します。
  • 自然な彩度 このスライダーは、十分に飽和した色を無視して、弱められた色の強さのみを調整します。これは、色を調整する際に、より細かくコントロールするのに便利です。

テクスチャ

カスタムイメージとテクスチャをレイヤーとして現在のイメージにブレンドすることができます。テクスチャは、特にビンテージ感やグランジ感を出したい場合に、写真にユニークな新しい外観を簡単に与えることができます。

  1. テクスチャを読み込む… ボタンをクリックして、ハードドライブにあるテクスチャファイルを選択します。JPEGとTIFFファイルが最適です。
  2. 必要に応じて、テクスチャを改良する追加のコントロールを加えます。
    • サンダルボタン テクスチャ画像の方向を取り替えます。
    • 透明度 適用量スライダを使用して、テクスチャレイヤーに基づいてイメージを明るくしたり暗くしたりする方法をコントロールします。
    • ズーム テクスチャのサイズをコントロールします。
  3. ドロップダウンメニューのペイントマスク、放射状マスク、グラデーションマスクから選択します。
  4. マスクを使いたいエリアにテクスチャを適用します。
  5. 必要に応じて詳細コントロールを使って、テクスチャを調整します。
    • ブレンドモード ブレンドモードを使って、どのようにテクスチャが画像とミックスするかを変更します。** 明るさ テクスチャの明るさと暗さを調整します。
    • コントラスト テクスチャのダイナミックな範囲を増減します。
    • 彩度 テクスチャの色の強さを追加したり弱めたりします。
    • 色相 色相を動かしてテクスチャの色を変更します。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
Skylum Customer Service

送信