LuminarAIカタログ内の画像を削除する時間をとることは、ハードドライブをクリーンアップし、ストレージスペースを解放する手段です。LuminarAIのフォルダー内からファイルを削除すると、ハードドライブからも削除されることに注意してください。LuminarAIには、意図せずに元の写真を永久に削除しないようにするために、複数の警告が含まれています。

ここでは、フォルダから複数のファイルを一度に削除するためのワークフローの例を示します。

ファイルに拒否フラグを立てる

削除するファイルをキューに入れる便利な方法は、ファイルを拒否することです。 X キーを押すと、ファイルを 拒否済み としてフラグ立てします (必要に応じて、 U を押すとファイルのフラグを 解除 できます)。画像を「拒否」としてマークすると、LuminarAIで灰色で表示されます。

カタログから拒否されたファイルを安全に削除

Luminarを使用すると、拒否されたファイルを簡単に表示および管理できます。この方法では、削除するファイルのみを操作します。

  1. すべての写真 コレクションを選択します。または、フォルダーまたはアルバムを選択し、カタログの一部のみを表示することもできます。
  2. カタログ ウィンドウの上部で、 表示 というラベルの付いたドロップダウンメニューをクリックし、画像の拒否だけど表示します。
  3. リストから、 拒否 という画像のみを表示することを選択します。
  4. 拒否した画像を選択し、そのうちの一つの上で 右クリック して ごみ箱に移動 を選択します。
  5. カタログウィンドウ上部で ゴミ箱を空にする ボタンをクリックします。これにより、LuminarAIのごみ箱にあるすべての画像があなたのオペレーティングシステムの ごみ箱 (macOS) または ごみ箱 (Windows)に移動します。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
Skylum Customer Service

送信