構図AIツール は、自動で写真の構図、比率、遠近法を調整します。構図AIの使用後にも手動で結果を調整できます。

  • 構図AI ボタンをクリックして、コンテンツの分析を基に自動で写真をクロップします。
  • 比率 このドロップダウンメニューは、様々な標準アスペクト比やソーシャルメディアのアスペクト比から選択することができます。 カスタム入力 オプションを使って、任意のアスペクト比を選択することもできます。
  • 遠近法 パースペクティブボタンでは、地平線の自動整列(自動水平補正)と垂直方向の自動直線化(自動垂直補正)のどちらかを選択することができます。
    • 自動水平補正 は自動的に画像を水平にします。地平線と水平ではないが、自然な地平線や直線的な水平線がある画像に適しています。

  • 自動垂直補正 は、画像を垂直方向に整列させ、定義された垂直線を持つ画像に効果的に作用します。
  • 回転&反転 これらのボタンは、画像を反時計回りに回転させたり、水平または垂直に反転させたりします。
  • 画像3D変換 これらのスライダーは、パースペクティブの歪みを手動で調整することができます。
    • 垂直 このスライダーは、画像を垂直方向に傾けて、(高層ビルを街角で撮影した場合などに歪みが発生する)垂直方向の歪みを補正します。
    • 水平 このスライダーは画像を水平に傾けて直線を作り、(被写体が横にずれて撮影された場合などに発生する)水平方向の歪みを補正します。
  • アスペクト アスペクト スライダーを右に動かすと水平方向の歪みが、左に動かすと垂直方向の歪みが補正されます。アスペクトスライダーは、 垂直 および 水平 スライダーと連動して動作します。例えば、水平スライダーで補正を行うと、被写体のアスペクトが歪んでしまうことがあります。その場合は、被写体が自然に見えるようになるまで、アスペクトスライダーを移動させます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
Skylum Customer Service

送信