拡張スカイAI ツールを使えば、より多くの人が快適に写真を楽しむことができます。このツールは自動的に写真の空を検出し、選択したオブジェクトを追加します。
コンテンツ認識技術のおかげで、拡張スカイAIは、自動で前景オブジェクトを考慮し、選択したオブジェクトを空に自然に溶け込ませます。オブジェクトの配置をコントロールするには、新しいオブジェクトを空のエリアの周りにドラッグします。

LuminarAI には、雲、月、鳥、スペースシャトルなど、いくつかのオブジェクトが付属しています。木や建物などの複雑な背景を持つ写真でも、マスキングの必要はありません。新しいオブジェクトが写真にシームレスにフィットするので、リアルな仕上がりを実現しながら、自分を表現することができます。

標準設定

  • オブジェクトの選択 このドロップダウンメニューを使って、サンプルオブジェクトのライブラリから選びツールに慣れましょう。「カスタム画像をダウンロード」より、貴方のオリジナルのオブジェクトをロードしてみて下さい。「カスタムスカイオブジェクトを表示…」オプションから選択してオリジナルのオブジェクトをメニューにロードすることもできます。
  • 適用量 追加したオブジェクトの透明度を調整します。
  • 温かさ このスライダーを使って、追加したオブジェクトの色調を温かく、または冷たくします。基本的に、オブジェクトにシアンもしくはイエローを加える事で色の温度を調整します。
  • リライト 拡張スカイAIツールは、追加されたオブジェクトの光と色を調整する事で、元写真の空のそれと調和しやすくします。リライトスライダーで、リライティング効果の強さを調節できます。
  • オブジェクトの配置 ボタンをクリックして、オブジェクトを修正したり移動できます。ドラッグして、簡単に配置を変えられます。オブジェクトを回転させたり、サイズを変更することもできます。

詳細設定

  • マスクの改良 追加したオブジェクトでは埋めきれなかった細かい部分を調整します。前景に木やワイヤー等のディテールがある場合に使います。
  • ぼかし 追加したオブジェクトの焦点をぼかします。元の画像の被写界深度が浅い場合に便利です。
  • オブジェクトを反転 追加されたオブジェクトを転置したい場合は、このボックスをチェックすると水平軸で反転します。

AI拡張スカイ用オブジェクトの準備

拡張スカイAI は、アルファチャンネルのPNG形式、または完全な黒背景のJPEG形式であれば、独自のオブジェクトを使用することができます。オブジェクト選択 ドロップダウンメニューから自分のスカイオブジェクトを読み込むことで、素早くアクセスすることができます。これを行うには、メニューの上部にある「カスタムスカイオブジェクトを表示…」を選択します。開いたフォルダに独自のJPEGまたはPNGファイルをコピーすることができます。パフォーマンスを向上させるために、一度に読み込まれるスカイオブジェクトの数は50個以下にすることをお勧めします。拡張スカイAIで利用可能なスカイオブジェクトのメインリストで、このフォルダのスカイオブジェクトをできます。このリストからオブジェクトを削除するには、カスタムフォルダから削除してください。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
Skylum Customer Service

送信