アトモスフィアAI は、コンテンツ認識と奥行マスキングを使用して、画像の背景または前景に霧、霧、または霞を配置します。このスマートなツールは、写真の被写体(人物や樹木など)がアトモスフィア効果に覆われるのを防ぎ、リアルな外観を維持するように効果を配置します。

  • モード このドロップダウンメニューでは、霧、霧の層、ミスと、ヘイズの4つのアトモスフィア効果を選択できます。霧とミスとは(濃度スライダーによって)フレームの大部分を塗りつぶすことができますが、霧の層とヘイズはフレームの下3分の1に大きく適用されます。
  • 適用量 このスライダーはアトモスフィア効果の強度を設定します。デフォルトでは0に設定されています。値を大きくすると、画像にアトモスフィアAI調整を適用することができます。
  • 濃度 このスライダーは、アトモスフィア効果の濃度を調整します。濃度の値を大きくすると、効果がフレームの前面に近づきます。
  • 明度 このスライダーはデフォルトでは最大値が100に設定されています。アトモスフィア効果をより暗くしたり、より控えめにするには、明度の値を下げます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
Skylum Customer Service

送信