ブレンドモードは2つのレイヤーの内容を比較し、その両方の内容に基づいて変更を行います。レイヤーコントロールの上部にあるブレンドメニューから、14種類のモードを選択できます。ブレンドモードを理解するには、ちょっとした知識が必要です。まず、3つの重要な用語を見てみましょう。

  • ベースカラー 画像内の元の色。
  • ブレンドカラー トップレイヤーまたは調整レイヤーによって適用される色。
  • 結果カラー 合成することで生じる色。

レイヤーのブレンドモードの調整が簡単に出来ます。

  1. Luminarで写真を開きます。
  2. レイヤーコントロール機能で (+)ボタンをクリックし、[新規画像レイヤーを追加]オプションを選択します。
  3. トップレイヤーを使用する場合、レイヤーコントロール機能の[ブレンド]メニューをクリックします。 
  4. 14種類のブレンドモードから選択します。

ノーマル

基本のノーマルモードでは、レイヤー画像の相互作用は行われません。

比較(暗) 

ブレンドカラーとベースカラーの各チャンネル内のカラーを比較し、より暗い方を結果カラーとしてが表示します。ブレンドカラーよりも明るいピクセルは置き換えられ、ブレンドカラーよりも暗いピクセルは変更されません。

乗算

これは、絵の上から何回もマーカーで描くのに似ています。ベースカラーとブレンドカラーを掛け合わせた状態です。

焼き込みカラー

各チャンネルのカラーに基づいて、ベースカラーを暗くすることでベースとブレンドのコントラストを強くして結果カラーを表示します。

比較(明)

各チャンネルのカラーに基づいて、ベースカラーまたはブレンドカラー(のより明るい方)を表示します。

スクリーン

より明るい色を表示します。レイヤーから「黒を取り除く」のに便利です。

オーバーレイ

ベースのハイライトとシャドウを維持しながら、既存のピクセルを重ねます。

ソフトライト

このエフェクトは、画像上で拡散スポットライトを照らす様な感じになります。

ハードライト

このエフェクトは、画像に強いスポットライトを当てている様な感じになります。

差の絶対値

各チャンネルのカラーの明るさに応じて減算または反転します。

減色

各チャンネルのカラーに基づいて、ベースからブレンドを減算します。

色相

ベースの輝度と彩度、およびブレンドの色相を使用します。

カラー

画像のグレーレベルを保持します。白黒画像の着色やカラー画像の階調化に非常に便利です。

輝度

カラーモードの反対の効果が表示されます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
For customer support, please contact us here.

送信