ブラシは、描画モードまたは消去モードがあり、マスクの範囲を追加したり、消去したりできます。[描画]オプションをクリックすると、マスクに白い領域が追加されます。これらの領域は現在のレイヤーに保持されます。消去モードでのブラッシングは、マスクをかけ過ぎた箇所を”トリミング”する事で修正し、マスクの範囲をより正確にするのに便利です。

ブラシを設定するには、[ブラシの設定]ドロップダウンメニュー([消去]オプションの横)をクリックします。ここでは、サイズ、透明度、ソフトネスなどのすべての描画ブラシの設定ができます。グリッドの中央には、簡単に選択できるさまざまなプリセットがあります。ペンタブレットを接続している場合は、筆圧、半径、および透明度のレベルも設定できます。

マスキングブラシツールの使用方法は次のとおりです:

  1. Luminar 4で画像を開きます。
  2. レイヤーを追加 ボタン([+]記号)をクリックします。
    見やすいように明白なエフェクトをかけてみましょう。  
  3. 調整レイヤーを選択した状態で、 クリエイティブ カテゴリのツールを選択します。
  4. ドラマチック ツールを適用し、スライダーを動かして高めの値に設定します。
  5. マスクを編集 ボタンをクリックし、調整レイヤーにレイヤーマスクを作成します。 
  6. ポップアップリストから ブラシ を選択します。ここでは、初期マスクの作成方法を決定するオプションが2つあります。
    • 描画 描画ツールで画像をクリックすると、マスクが黒で塗りつぶされて表示されます(結果がすべて非表示の状態です)。描画でストロークすると、それらは白で追加されます。この方法では、調整レイヤーの結果を選択してブラシをかけることで、部分的に追加できます。
    • 消去 消しゴムツールでクリックすると、マスクが白で塗りつぶされます(すべての結果が表示された状態です)。描画でストロークすると、それらは黒で追加されます。この方法では、調整レイヤーの結果を選択してブラシをかけることで、部分的に覆い隠すことができます。ブラシで黒く隠されたは部分は、下の画像が透けて見えます。
  7. 可視(目)アイコンをクリックし、マスクを表示します。
  8. ブラシ ツールでブラシをかけることで、調整したレイヤーを選択的に表示します。
  9. マスクの描画を続け、希望の状態にします。ウィンドウ上部のツールバーを使用し、マスキングブラシツールの設定を行います。[ブラシの設定]ドロップダウンメニューをクリックし、ブラシの形状と動きを設定します。上部のツールバーから個別に設定することもできます。
    • サイズ ブラシの直径を設定します。キーボードショートカット [ と ] キーを使用して、ブラシの大小を調節することもできます。
    • ソフトネス ブラシの中心と外側の間のブレンドの量を設定します。これにより、任意のマスクでより緩やかなブレンドを作成できます。Shift + [ か ]キーのキーボードショートカットを使用し、ブラシの強弱を調節することもできます。
    • 透明度 これは、ブラシの全体的な透明度を設定します。100%のブラシは、最大強度を意味します。50%のブラシは、最大強度の半分しか加算または減算しません。
    • 筆圧 ペンタブレットを接続している場合は、筆圧、半径、および透明度のレベルも設定できます。これにより、タブレットで描く場合はペンにかかる力をブラシのサイズと密度に変換できます。
  10. 画面をクリックしてペイントし、選択したマスク(レイヤーまたは調整レイヤー)を変更します。
  11. マスクをさらに調整するには、マスクメニューをクリックし、マスクの密度とフェザーによるぼかしを変更します。これにより、マスクの適用を設定し、調整結果をさらにブレンドし易くする事ができます。
    • 密度 マスクの外側のピクセルの透明度を設定し、マスク全体が背景にうまく溶け込む様にします。
    • フェザー マスクの外側をぼかすことで、マスクをより自然に画像に馴染ませます。
  12. ツールバーの 可視(目) アイコンをクリックし、マスクの可視のオンオフを切り替えます。 
  13. マスクが思う様にかけられたら、ツールバーの 完了 ボタンをクリックします。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
For customer support, please contact us here.

送信