Luminarでは、次のタイプのファイルを作成できます。

  • JPEG(.jpg) JPEG (Joint Photographic Experts Group) 形式は、インターネット上で連続階調画像 (写真など) を表示するために最もよく使用されます。ほとんどのデジタルカメラは優れた圧縮を提供するため、JPEGを使用します。最大設定では、TIFFなどのはるかに大きなファイル形式に匹敵する画像品質が提供されます。時折、印刷業界 (特に新聞) はJPEGを使用します。JPEGは非可逆圧縮です。つまり、画像の圧縮中に一部のデータが破棄されます。JPEGは、アーカイブまたは本番ファイル形式として使用しないでください。通常、JPEGファイルは一度だけ保存します。再保存するとデータが破棄され、画質が低下するためです。カメラで画像をJPEGとして取得した場合、編集したドキュメントをネイティブのLuminarファイルとして保存するようにしてください。
  • PNG(.png) PNG(Portable Network Graphics)形式は、ロスレス圧縮を提供します。同形式は、ほとんどのウェブブラウザがサポートしているため、インターネット上でより一般的になりつつあります。PNG形式は、GIFに代わる特許なしの代替として作成されました。その主な利点はPNG-24ファイルです。これにより、24ビット画像 (チャンネルごとに8ビット) と透明度の埋め込みが可能になります。技術的にはGIFよりも優れています。
  • TIFF(.tif) タグ付き画像ファイル形式は、最も一般的かつ柔軟な形式の1つです。アプリケーションとコンピュータプラットフォーム間でファイルを交換するために広く使用されており、長い間互換性があります。さらに、TIFFは、チャンネルごとに8ビットまたは16ビットのビット深度で動作する形式の1つです。 
  • JPEG 2000(.jp2) JPEG 2000形式は、2000年にJoint Photographic Experts Group委員会からリリースされたアップデートです。その目的は、元のJPEG形式を置き換えることでした。同形式は、より効率的な画像圧縮の新しいウェーブレットベースの方法を使用しています。
  • Photoshop(.psd) Photoshop形式は、コンピュータグラフィックス業界で使用される一般的な形式です。Skylumは階層化されたファイルを書き込むことはできませんが、Adobe Photoshopおよびその形式をサポートする他のソフトウェアパッケージで開くことができるファイルをエクスポートできます。
  • PDF(.pdf) PDF (Portable Document Format) は、アドビが開発したファイル形式であり、PostScriptの拡張を目的としています。PDFは、事実上すべてのオペレーティングシステムとポータブルメディアプレーヤーまたは携帯電話で表示できます。PDFはオープンスタンダードです。つまり、コンピュータ業界では、Adobeに追加料金を支払うことなくPDFを読み書きできるアプリケーションを作成できます。このオープン性は、PDFの迅速な採用につながっており、インターネット上で広く利用されています。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
For customer support, please contact us here.

送信