Luminar 4で写真を操作する場合、調整を保存する必要はありません。フラグ設定、評価、編集はすべて、作業中にカタログデータベースに自動的に保存されます。そのため、常に時間を節約について心配することなく、クリエイティブな作業に集中できます。

Luminarカタログが編集をキャプチャする方法

個々の画像に対して作業する場合、Luminarはその画像の編集内容をすべてカタログに.stateファイルとして保存します。編集を独自の.stateファイル内の単一の画像に保存することにより、1つの画像に問題がある場合、データベース全体が破損することはありません。これらの編集は、作業中に自動的にキャプチャされます。

ファイル履歴の表示とナビゲート

Luminarは、画像に対して実行したすべての編集履歴を保存します。これにより、無制限にアンドゥすることができ、以前の編集すべてを辿ることもできます。履歴を表示するには、サイドバーの編集の下部にある履歴ツールをクリックします。カタログを終了して再度開いた場合でも、各画像に対する編集内容はすべて保持されます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
For customer support, please contact us here.

送信