ライトツールには、画像を調整するための最も重要なコントロール機能が含まれています。ライトツールには、画像への需要が高い色とトーンの調整が含まれています。これにより、その後のすべての調整の段階が設定されます。

標準制御

  • ホワイトバランス スポイトツールでは、白またはニュートラルグレーにする領域をクリックし、カスタムホワイトバランスを計算することもできます。RAWファイルで作業する場合は、ホワイトバランス・プリセットリストを使用し、カメラのホワイトバランスメニューに似たさまざまなプリセットから選択します。
  • 温度 このスライダーを使用すると、写真に温かさを加えたり、冷たさを加えたりできます。  この調整により、基本的には画像にシアンまたは黄色が追加され、それによって色温度が変更されます。
  • 色合い これにより、写真に追加されるグリーンまたはマゼンタの量が調整されます。  画像から色かぶりを取り除くのに役立ちます。
  • 露出 画像の全体的な輝度を調整します。このスライダーを左に動かすと、画像全体が暗くなります(露出値が減少します)。このスライダーを右に動かすと、画像全体が明るくなります(露出値が増加します)。
  • スマートコントラスト 画像のコントラストを調整します。コントラストは、画像内のオブジェクトを別のオブジェクトと区別できるようにする輝度または色の違いです。実際には、コントラストは同じ視野内の他のオブジェクトに対するオブジェクトの色と明るさの違いによって決まります。この補正のスマート機能は、色の変化を制限し、ディテールがブロックされるのを防ぎます。
  • ハイライト 画像の最も明るい部分の明るさを調整します。スライダーを右に動かすと最も明るい領域がさらに明るくなり、スライダーを左に動かすと暗くなります。
  • シャドウ 画像の最も暗い部分の明るさを調整します。スライダーを右に動かすと、そうした領域がより明るくなり、ディテールがさらに浮かび上がります。左に移動すると、そうした領域は暗くなり、画像内のシャドウ領域は通常増加します。

詳細設定

  • プロファイル これを使えば、RAWファイルをプロ級の精度で調整できます。DNGカメラプロファイルを試してみてください。Luminarは、コンピュータに既に存在する(または第三者から購入した)業界標準のDCPファイルを認識します。これらは、RAWファイルの色とトーンの処理方法をより細かく制御できます。フリーのDCPプロファイルが大量に必要?そんなあなたは、Adobeから無料のDNG Converterをインストールしましょう。
  • ホワイト ヒストグラムの白点と画像の白色トーンを調整します。右に移動すると、最も明るいトーンがより明るくなり、ヒストグラムが右に伸びます。スライダーを左に動かすと、画像の白いトーンが暗くなり、ヒストグラムが左に圧縮されます。
  • ブラック ヒストグラムの黒点または画像の黒色トーンを設定します。スライダーを右に動かすと、黒のトーンが明るくなり、ヒストグラムが右に圧縮されます。スライダーを左に動かすと、黒い部分がより暗くなり、ヒストグラムが左に伸びます。

トーンカーブ

トーンを調整して明るくしたり、暗くしたり、コントラストを追加し、色を変換するための最も強力なツールの1つ。トーンカーブは通常、画像内のすべてのチャンネルに一緒に適用することも、各チャンネルに個別に適用することもできます。トーンカーブは、画像の明るさとコントラストを手動で微調整するのに役立ちます。

  • タブ すべてのチャンネルを均等にしたり、個々のチャンネル(空を強調するための青など)に対してカーブを調整できます。
  • スライダー 下部には、ヒストグラムの黒点と白点を調整できるスライダー(左端と右端のスライダー)と、カーブの中央の曲がり(中央のスライダー)があります。
  • ポイント 最大10個の制御ポイントを追加できます。上にドラッグして領域にコントラストを追加し、下にドラッグして領域を明るくします。複数のポイントを使用し、色調範囲に基づいてコントラストを調整できます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
For customer support, please contact us here.

送信