このツールは、画像を修正し、レンズの欠陥を除去するのに役立ちます。これらのスライダーは、レンズまたはカメラの取り扱いによって生じる画像の傷を取り除くように設計されています。表示されるコントロール機能は、標準ファイルとRAWファイルによって異なります。

  • 自動歪み補正(RAWのみ) レンズの歪みを自動的に削除するには、このオプションをクリックします。フィルタは画像とそのメタデータを分析し、ワンクリックで適用できる自動修正を計算します。広角な歪みを取り除き、より正確な透視線と魅力的なポートレートを作成します。
  • 色収差除去(RAWのみ) 色収差は、色にじみの一種です。望遠レンズやハイコントラストな領域でよく起こります。マゼンタまたは緑のエッジとして表示される傾向があります。
  • フリンジ除去  この調整により、ハローまたはエッジノイズを除去できます(特にハイコントラストな領域)。
  • レンズ歪み レンズのバレルを大きくするには、左にドラッグします。  広角レンズをつまんで補正するには、右にドラッグします。レイヤーをトリミングするか、変形コントロール機能のスケールコマンドを使用して、エッジのギャップを補正する必要がある場合があります。
  • ビネット解除 レンズ自体に起因する画像の端の暗さを取り除きます。   これは修正コマンドであり、スタイル化コマンドではありません。芸術的なビネットが必要な場合は、ビネットフィルタを確認してください。
  • デビネットの中心点 デビネットスライダーでどの領域を明るくするか、または暗くするかを調整します。

必要に応じて、次のプロパティを調整して画像を変形します: 

  • 縦方向 これは、X軸を中心に回転することで画像を傾けます。これにより、画像が前後に傾き、中枢部分に問題がある画像を補正できます。このタイプの問題は、垂直線が歪んで見える原因になります。これは主に、Y軸を中心に回転し、古いカメラで撮影することが原因です。これにより、画像が左右に角度付けされ、被写体に対して斜めに撮影することによって生じる問題が解決されます。
  • 横方向 この調整により、画像がY軸上で傾斜します。これは、被写体からオフアングルを撮影することによって生じる遠近感の問題を補正するのに役立ちます。
  • 回転 キャンバス全体をZ軸上で回転させます。曲がった写真をまっすぐにするのに役立ちます。
  • アスペクト  このコマンドは、写真のアスペクト比を変更します。スライダーをドラッグすると、2番目の値の反対方向に縮小しながら高さまたは幅を拡大します。
  • スケール このコマンドを使用すると、変形された写真を効果的にトリミングできます。これは、写真を変形した後にギャップを隠す便利な方法です。
  • Xオフセット これは、変形した画像を左右にシフトします。
  • Yオフセット これは、変形した画像を上下にシフトします。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
For customer support, please contact us here.

送信