画像のインポートは、画像のフォルダーをLuminarライブラリに追加するのとは異なり、画像を実際に移動したり、コピーを新しい場所に移動させます。ユーザーは、内蔵ハードドライブ、外付けハードドライブ、さらにはメモリカードから画像をインポートできます。ライブラリ・サイドバーのフォルダーまたはサブフォルダーを直接クリックするかメニューバーから画像をインポートできます。

  1. ファイル > 画像をフォルダーにインポート… を選択すると、システムダイアログボックスが開きます。
  2. インポートする画像、または画像のフォルダーに移動し選択します。メモリーカードを使用する場合は、高確率で画像は DCIM (デジタルカメラ画像)フォルダー内にあります。
  3. 追加の設定がインポートウィンドウの下部に表示されていることを確認し、非表示になっている場合は、 オプション ボタンをクリックします。
  4. インポート先 メニューで、Luminarライブラリの既存のフォルダーを選択します。
  5. 操作 メニューをクリックし、画像を新しい場所にコピーするか、新しいフォルダーに移動し、ソースディスク上の画像を消去するかを選択します。
  6. 管理 ドロップダウンメニューをクリックして、画像をサブフォルダーに分類するか、またその方法を選択します。
  7. 選択したフォルダー内にあるサブフォルダーも一緒にインポートしたい場合は、 サブフォルダーを含める チェックボックスをオンにします。これがチェックされている場合、Luminarは選択されたフォルダー内のすべてのサブフォルダーから画像を追加します。チェックしない場合、マスターフォルダーの画像のみがインポートされ、サブフォルダーの内容は無視されます。

インポート時の画像整理

お気に入りの写真を見つけ易くするために、インポートされた画像を幾つかの方法で整理できます。これらは、個々の画像、またはフォルダーのプロパティに基づいて、サブフォルダーを自動的に構築します。インポートダイアログの管理メニューをクリックし、以下のオプションのいずれかを選択します。


  • 1つのフォルダーへ  全ての画像が同じフォルダーに配置され、サブフォルダーは作成されません。
  • 現在のフォルダー構造を維持  インポートするフォルダー内にサブフォルダーがある場合、元のフォルダー構造を反映するサブフォルダーが作成されます。
  • 年/月/日  Luminarは画像の作成日を認識し、撮影された年月日に基づいてサブフォルダーを作成します。
  • 年/月  Luminarは画像の作成日を認識し、撮影された年、月に基づいてサブフォルダーを作成します。

新しいフォルダーへのインポート

新しいフォルダーに画像をインポートする場合は、インポートダイアログを開く前にこれを作成する必要があります。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
For customer support, please contact us here.

送信