一部の写真家は、RAWファイルとJPEGファイルを同時に撮影することを選択します。これは多くの場合、カメラ内処理の参照またはバックアップ戦略としてJPEGファイルを使用するために行われます。Luminarを使用すると、この方法で撮影されたファイルを整理しやすくなります。


RAWとJPEGのペアをインポートする際に、表示するファイルを決定できます。これにより、より整理されたライブラリが作成されます。
  1. ビュー メニューをクリックし、 ビュー > Raw + JPEGペア を選択し、目的のオプションを選択します。
  2. 必要に応じて、これらのいずれかを選択してください。
    • Rawのみ表示 RawとJPEGが同じファイル名で同じフォルダーに存在する場合、Raw画像のみを表示します。
    • JPEGのみ表示 RawとJPEGが同じファイル名で同じフォルダーに存在する場合、JPEG画像のみを表示します。
    • 別々に表示 ライブラリ内の両方の画像を表示し、編集中にJPEGファイルを参照として使用できます。
  3. ビューはいつでも変更できます。

以下に、画像ペアの調整と評価に関して有効なルールをいくつか示します。

  • JPEGファイルとRAWファイルの編集は独立していますが、簡単に同期できます。ビューメニューを使用し、整理されたライブラリに表示する画像を制御します。
  • 評価、選択、色ラベルなどの属性は、いずれかを変更すると画像上のペアに適用されます。
  • ファイルを移動すると、ファイルはペアで移動されます。
  • [Rawのみ表示] または [JPEGのみ表示] を選択した場合、画像を削除すると、両方のファイルがLuminarのゴミ箱に移動します。
  • RAWとJPEGを別々に表示する場合、ペアの互いに独立した画像を削除できます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
For customer support, please contact us here.

送信