ディテール・エンハンサーフィルターは、ドラマチックな写真を作成し、画像にクリアな鮮明さをもたらすのに役立ちます。ディテールを適切に修正することで、写真をハローや余分な処理ノイズのない、美しくシャープなものに見せることができます。

標準コントロール機能

  • 細かなディテール 細かなディテールのシャープネスを小さく設定します。0の場合、同エフェクトは適用されません。スライダーを右に移動すると、ディテールの明瞭度が強調されます。それとは反対に、スライダーを左に移動させると、ディテールをいくらか取り除きます。
  • 中程度のディテール このオプションは、中サイズの部分のシャープネスを設定します。0の場合、同エフェクトは適用されません。スライダーを右に動かすとシャープネスが上がり、スライダーを左に動かすとシャープネスが下がります。
  • ディテール大 これを使用すると、画像内のオブジェクトの全体的な輪郭のシャープネスを設定します。0の場合、同エフェクトは適用されません。スライダーを右に動かすとシャープネスが上がり、左に動かすとシャープネスが下がります。
  • シャープに 「シャープに」ツールは、写真のソフトエッジに焦点を合わせて、明瞭度や焦点を合わせやすくします。このツールを使用すると、画質を大幅に改善できます。ただし、シャープにしすぎると写真がざらざらした感じになるので注意してください。

詳細設定

  • 詳細保護 画像の領域が過剰処理されないようにするには、詳細保護スライダーを使用します。
  • 詳細マスキング マスキング機能を使用すると、適切な領域でのみディテールを表示でき、画像のシャープネスを定義できます。
  • 半径のシャープ化 エフェクトが適用されるコントラストエッジからの距離。
  • マスキングのシャープ化 ディテールを増幅するゾーンを制御するには、マスキングスライダーを使用します。スライダーを左に動かすと、ゾーンの数が増え、画像がより詳細に表現されます。右に移動すると、ゾーンの数が減ります。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
For customer support, please contact us here.

送信