カメラから直接取り出したデジタル写真は、必要な正確な寸法にサイズ調整されない可能性があります。  異なる形の画面、ウェブページ、ソーシャルネットワーク、印刷物間では、画像の形やサイズが変わることがよくあります。

  1. 切り抜きまたは傾き補正が必要な画像を開きます。
  2. 編集サイドバーのキャンバスツールグループをクリックするか、(C)キーを押して、 クロップツール に切り替えます。
  3. 画像を切り取るためのすべての機能を表示する上部の情報バーを調べます。画像には、アスペクトドロップダウンメニューで選択した比率を表すグリッドが表示されます。
  4. アスペクトドロップダウンメニューから比率を選択します。ロックを解除するには、メニューの横にあるロックアイコンのクリックが必要な場合があります。
    • 自由 ドラッグして好みの形状を作成します。
    • オリジナル 写真の元の形状を保持しますが、端から細部を除去するために、より精密に切り抜くことができます。
    • 転置 切り抜きの元の寸法が逆になります。
    • 16:10 多くのコンピュータディスプレイに一致する比率。
    • 16:9 テレビ、多くの電子機器、プレゼンテーションで使用される比率。
    • 11:8.5 ドキュメントの一般的な比率。
    • 7:5 多くの写真サイズに共通する長方形の画像。
    • 5:4 多くの写真サイズに共通するほぼ正方形の画像。
    • 4:3 多くの写真サイズに共通する長方形の画像。
    • 3:2 多くの写真サイズに共通する長方形の画像。
    • 1:1 正方形の画像が作成されます。
    • 2:3、3:4、4:4、 5:7、8.5:11、9×16、10:16 標準の印刷と画面の比率に一致するが、値が入れ替わったプリセット。
    • Facebookカバー Facebookのページバナーに最適なサイズ。
    • Facebookフィード Facebookに投稿される画像の一般的なサイズ。
    • カスタム入力… 特定のアスペクト比を選択する機能を提供します。
  5. 切り抜きに役立つ比率オーバーレイを選択します。
    • 三分割法 これは、切り抜きをサポートするために頻繁に使用される方法です。4つの交差ポイントは、被写体を置くのに最適な場所と見なされます。  多くの人は、これらのガイドに従うと画像の構図が良くなると感じます。
    • ファイグリッド ファイグリッドは、三分割法グリッドに似ています。違いは、平行線が互いに近く、フレームの中心に近く、9つのボックスがすべて同じサイズではないことです。このグリッドは、黄金比により適合します。多くの風景写真家は、これが三分割法よりも良い構成であると感じます。 
  6. 角のいずれかをドラッグするか、ハンドルのサイズを変更し、切り抜く四角形を変更します。
  7. 切り抜き内の画像を移動するには、画像の切り抜き領域内をクリックしてドラッグし、切り抜く長方形の“背後“に画像を再配置します。
  8. 画像を回転するには、[角度] 読み出しをクリックし、画像の角度をいずれかの方向に最大45度まで調整できるドロップダウンスライダーを表示します。コーナーのすぐ外側をクリックしてドラッグし、回転させることもできます。  グリッドオーバーレイが表示され、正確な切り抜きをやりやすくします。
  9. トリミング中にレイヤーを変換することもできます。
    • 左右反転 画像の左右を反転して、鏡像を作成します。
    • 上下反転 写真の上下を逆にします。
    • 左へ回転(反時計回り) 画像を反時計回りに90˚回転します。
  10. 切り抜きに満足したら、[完了] ボタンをクリックします。このアクションをキャンセルするには、[リセット] をクリックしてから[完了]をクリックします。結果が気に入らない場合は、[取り消す] ボタンを押すと、切り抜きアクションを簡単に元に戻すことができます。したがって、切り取りは簡単に元に戻すことができる安全な操作です。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
For customer support, please contact us here.

送信