Luminar 4のAIスカイ・リプレースメントフィルタで最高の結果を得るには、このガイドラインに従うことをお勧めします。これにより、アプリケーションに最も多くの情報が提供され、最良の結果が得られます。フィルタには自由に使用できるサンプルの空が含まれていますが、多くのユーザーの方は、自分で作成した空の写真を使いたいと思われていることでしょう。

技術仕様

AIスカイ・リプレースメントフィルタでテクスチャを使用するには、次の技術仕様を満たす必要があります:

  1. ファイルが適切な解像度であること。これはつまり、最短エッジで1,200ピクセル以上の画像であることを意味します。より高い解像度であることが推奨されます。
  2. ファイルはJPEG形式で保存する必要があります。 [ファイル] > [エクスポート]を選択し、JPEG形式を選択すると、画像をLuminarの新しいJPEGファイルとしてエクスポートできます。60〜85の品質設定を使用して、ファイルサイズを小さく保つことができます。
  3. フィルターの最適なパフォーマンスを得るには、画像サイズを10MB未満に保ちます。

空のテクスチャをキャプチャーする方法

Luminar 4のスカイ・リプレースメントテクノロジーでは、リアルな結果を実現するために、特定の方法でスカイテクスチャを撮影する必要があります。これらのガイドラインによりよく対応ために、既存の空の画像を前処理し、フィルターで使用するために、新しいJPEGファイルをエクスポートできます。

ベストプラクティス

最良の結果を得るには、次のガイドラインを用いてください:

  • 空のテクスチャには特定の方向が必要です。 写真の下端が地平線と平行であることを確認してください。画像の上部は上(上空)に向ける必要があります。

  • 地平線は、直線のエッジに完全に平行である必要があります。 地平線が画像の下部に平行でない空のテクスチャは使用しないでください。必要に応じて、事前に画像を切り取り、前処理して新しいファイルにすることができます。
  • 空のテクスチャは、空のみで構成される必要があります。 木、山、送電線などのオブジェクトは含まないようにしてください。それらがあると、空のスカイ・リプレースメントのクオリティに大きく影響します。地平線上の微細なオブジェクトでさえ、不要な処理ノイズとなる可能性があります。

  • ワイドな写真を使用。 広角レンズで撮影された空のテクスチャは、多くの写真にマッチするため、理想的です。

  • 遠近感のある写真であること。 地平線上の雲がより遠くにあり、画像の上部周辺の雲が撮影者に近くにある写真が理想です。

避けるべき問題

最もリアルな結果を実現するために、間違った方法で撮影した画像は避けてください。次のような画像が使用されている場合、AIスカイ・リプレースメントフィルターは不完全な画像を生成します。

  • 望遠レンズを避ける。 大きな焦点距離に設定された望遠レンズで撮影した空のテクスチャは使用しないでください。こうした写真は、リアルさに欠ける写真を生成する原因となります。
  • 規格に沿わない角度。 ランダムな角度で撮影した空のテクスチャは使用しないでください。

  • 地平線がない写真。 明確な(水平な)地平線のない空のテクスチャは使用しないでください。

  • 前景やオブジェクトはNG。 地平線上にある山、木、その他のオブジェクトを含む空のテクスチャの使用は避けてください。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
For customer support, please contact us here.

送信