写真にもっと刺激的な空を。 AI空の拡張ツール は写真の空の部分を自動的に検知し、選んだオブジェクトをその空に差し入れます。

画像認識テクノロジーにより前景が自動的に考慮され、オブジェクトが自然に空に溶け込む上、オブジェクトをドラッグして簡単に配置を変えられます。

雲、月、鳥など様々なオブジェクトを用意しています。写真に木や建物の様な複雑な背景があってもマスキングやレイヤーは不要。オブジェクトは繋ぎ目無く背景に溶け込み、貴方の創造性を実現します。

標準テクニック

  • オブジェクトの選択 まずはオブジェクトをサンプルから選び、使い方に慣れたら『カスタム画像をロード』より、貴方のオリジナルのオブジェクトを使ってみて下さい。 アルファチャンネルのPNGファイル、または背景が真っ黒なJPEGに対応しています。
  • 追加したオブジェクトの透明度を調整します。
  • 温かみ 追加したオブジェクトの色調を温かく、または冷たくします。オブジェクトにシアンもしくはイエローを加える事で色の温度を調整します。
  • リライト 追加されたオブジェクトの光と色を調整する事で、元写真の空のそれと調和し易くします。
  • オブジェクトの配置 クリックすると、オブジェクトの位置やサイズ、または角度を自由に変えられる様になります。

上級テクニック

  • マスクの改良 追加したオブジェクトでは埋めきれなかった細かい部分を調整します。前景に木やワイヤー等のディテールがある場合に使います。
  • ぼかし 追加したオブジェクトの焦点をぼかします。元の画像の被写界深度が浅い場合に便利です。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

Please do not use this for support questions.
For customer support, please contact us here.

送信